当協会は東京マラソンチャリティの寄付先団体として第6回2012大会より活動をしており、東京マラソン2021チャリティも引き続きチャリティ活動を実施しております。

■ 東京マラソン2021チャリティ寄付金を活用した予定事業




©東京マラソン財団

救命講習に使用する訓練用人形やAED の購入

東京マラソン応急救護対応に係る資器材搬送等
の経費

防災・救急に関する知識を発信する情報誌「SAFETY LIFE TOKYO」の発行


■ チャリティ事業以外の活動について

当協会では、チャリティ事業とは別に大会当日に総勢60名以上の職員が救護対応スタッフとして参加し、世界一安全で安心な大会へ貢献しております。




©東京マラソン財団

©東京マラソン財団

©東京マラソン財団

寄付金の申込みは7月3日より開始されました。申込方法等の詳細は東京マラソン2021チャリティ公式ウェブサイトにアクセスしてください。
https://www.marathon.tokyo/charity/
※当協会への寄付は寄付金控除の対象となります。

近年の未曾有の災害、また今後想定される南海トラフ地震、首都直下型地震に備え、防災救急の重要性はますます高まっています。
協会では、救命講習の他に防火防災関係者の育成、都内防災館・消防博物館の運営およ民間救急搬送等の事業を通じて、災害被害の軽減に向けて全力で取り組んでおります。安心して暮らせる社会の実現へ当協会への寄付をお願いします!!

このページのトップへ