情報セキュリティ基本方針


改正:平成28年1月1日

公益財団法人東京防災救急協会(以下「当協会」といいます。)は、事業を推進する上で、保有する情報資産の取扱いについて下記のとおり基本方針を定め、情報資産を保護することを宣言いたします。

1.情報セキュリティ体制の構築
 当協会は、保有する情報資産の保護と適正な管理のため、各事業部に情報セキュリティ責任者を配置し、情報セキュリティ体制を構築します。
2.情報資産の保護
 当協会は、保有する情報資産を脅威から保護するため、情報セキュリティ対策を実行します。
3.各種法令等の遵守
 当協会は、情報セキュリティに関する各種法令、要求事項、規制、ルール及び契約上の義務を遵守いたします。
4.情報セキュリティ教育の実施
 当協会は、全職員に対し情報セキュリティ教育を実施し、情報セキュリティ対策の周知徹底と、業務における情報資産保護意識の向上を行います。
5.情報セキュリティ事故への対応
 当協会は、情報セキュリティ事故が発生した場合、迅速に的確な対応を行い、適正な再発防止策を講じます。
6.情報セキュリティ運用の継続的改善
 当協会は、情報セキュリティ対策の有効性を定期的に確認・検証します。さらに、協会内外の情報セキュリティに関わる変化を考慮し、当協会の情報セキュリティ運用を継続的に改善します。

公益財団法人東京防災救急協会
理事長 北村 吉男

このページのトップへ