消防設備士乙種第6類受験準備講習会


■消防設備士試験とは
消防設備士とは、建築物等に設置されている消防用設備の工事・整備・点検等をする人です。消防用設備等を扱う上で必要な知識を有する国家資格です。扱うことのできる消防用設備によって類ごとに区分されています。さらに、類ごとに甲種、乙種があり、甲種は工事・整備及び点検ができ、乙種は整備及び点検ができます。

乙種は誰でも受験できますがより高度な知識を必要とする甲種は受験資格が必要です。

試験科目は筆記試験と実技試験があります。
合格基準は細かく設定されており、筆記試験は択一式で消防関係法令、機械に関する基礎的知識、構造・機能および整備の3つの単元でそれぞれ40%以上の正答かつ合計60%の正答が必要となります。実技は記述式で60%以上の正答が必要です。
■消防設備士試験乙種第6類受験準備講習会
資格を取得すれば職場での信頼もアップ!!企業によっては資格手当の支給等、昇給にもつながりやすくなります。
また、これから就職を考えている方にとっても国家資格は強い武器となります。

当協会では、消防設備士(乙6)試験の合格を目指している方のための受験準備講習会のオンライン講習を行っております。
オンライン講習は、e-ラーニングシステムを利用しており、講義動画と問題演習を組み合わせて構成しております。24時間視聴可能ですのでスキマ時間を利用していつでもどこでもスマホやタブレット、パソコン等で効率よくかつ自分のペースで勉強することができます。(講義内容は5時間程度)
皆様のご受講お待ちしております。

講習についてはこちら

このページのトップへ